国内盤CDと輸入盤CDの違い!? ~洋楽CDを買う前に知っておきたいこと~

洋楽を聴く場合、現在はダウンロードもありますが、日本ではCD買う人が多いと思います。
そこで、店舗に出向いてCD買ったり、あるいはAmazonやHMV、楽天など、安いネット通販で買いますよね?

邦楽CD買うときは、何の問題もないんですが、洋楽のCD買う場合は、日本人向け(日本国内向け)の国内盤CDと、アメリカやイギリスなど現地から輸入した輸入盤CDがあり、どちらを買うべきか悩むことになります。

いや、というよりも洋楽を聴き始める最初は国内盤を買い続ける人が多いと思いますが、洋楽CDを買い続けていると、いつしか、輸入盤CDに比べて国内盤CDの値段が高過ぎることに気付きます。

だって、輸入盤CDは1000円台やそれ以下の値段の場合もあるのに、国内盤CDは2000円以上がほとんど、3000円以上もふつうにあるのだから、輸入盤買わないと損しているような気がして、輸入盤買ったりするんだけど、やはり国内盤買いたくなったり、国内盤買ったけど、やっぱり輸入盤買えばよかったあ、と後悔したり、そんな輸入盤CDと国内盤CDについてのページです!

国内盤と輸入盤の違いを超簡単にいうと、日本語の歌詞カードがあるかないかってことだけど、細かく見るといろいろ違います。



主な違いを表にしてみた!!!

国内盤CD 輸入盤CD
ボーナストラック
国内盤は日本限定ボーナストラックが収録されることがかなり多い!
輸入盤との差別化を図る意味で日本限定ボーナストラックが収録されることはよくある。
輸入盤もUK限定ボーナストラックなど、国によってボーナストラックが違う場合有り。

歌詞カード 英語歌詞はもちろん、日本語訳も付いてくることがほとんど! ほぼ無し!
たまに、英語歌詞が付いてる場合あり!
ライナーノーツ
(曲やアーティストの解説)
国内盤は付いてくることがほとんど。
もちろん、アルバムの話です。
シングルCDにはライナー・ノーツはあまり見かけません!
基本的にないが、ベスト盤などは英語でこれまでの経歴など書いてあることがたまにある。
もちろん全編英語だよ!
特典
国内盤も輸入盤もどちらも特典がたま~に有る。
ポスターとかステッカーとかいろいろ。
輸入盤は香水の試供品が付いてきた時がありました。
輸入盤よりも、国内盤の方が特典が付いてくることが多いです。
国内盤を買ってもらうためでしょう。

ジャケット
色とか変更されてしまうことがある!

オリジナルのまま(当たり前)!

ひび割れ

ほぼ見たことないです! プラスチック・ケースがひび割れしてることがたまにあります。
国内盤に比べて全体的に雑で汚い気がします!
CDケース
だいたいプラスチック!
でも、近年は紙ジャケットが増えつつある!
デジパックも増加中!

2000年代後半から紙ジャケットが増え始めました。
まだプラスチックの方が多いと思いますが、紙ジャケットはかなり多い!
デジパックもあるが、デジパックは日本の方が多いような気がする!

値段

高過ぎ!!
ほとんど輸入盤より高い!!
安いというか、妥当な感じ!!

デラックス盤の
アルバム
(リパッケージ)

洋楽アルバムは、来日記念盤、デラックス盤、DVD付などを、アルバム発売後しばらくしてから発売することがある!
つまり、買い時が難しい!!







要するに・・・。

洋楽の国内盤CDは基本的に『解説・歌詞・対訳』この3つが付いてくることがほとんど。
洋楽の輸入盤CDは基本的に『解説・歌詞・対訳』がないことが多い。

大きくいうと違いはこれだけ。
もちろん例外もあり、輸入盤に英語歌詞が付いてる時もたまにあります。

それと、洋楽は輸入盤はもちろん、国内盤も紙ジャケットが増えています(エコと経費削減のため?)。
日本人はプラスチック・ケースが好む人が多いらしいけど、欧米人は紙ジャケットでも気にしないらしいって風のうわさで聞いたことあります。

それと、相対的に国内盤は綺麗だけど、輸入盤は汚い。
個人的にそんなイメージがある。




なぜ輸入盤CDに比べて国内盤CDは値段が高いのか?

そんなこと、日本のレコード会社で働いていないため詳しく知りませんが、要するに、日本国内で日本人が輸入盤CDを買っても、日本のレコード会社は儲からないのです!
国内盤CDが売れた場合に、日本のレコード会社は儲かるわけです!

だから、国内盤CDを買ってもらいたい!

ボーナストラックつけます。

歌詞カード付けます。

ライナーノーツ付けます。

ポスターなどの特典も付けます。

値段高くなっちゃった

でも輸入盤より国内盤の方がいろいろと揃ってていい感じだよ!

さあ、国内盤買っておくれ!


大袈裟に超簡単に説明すると、こんな感じだと思います。
これに、人件費や様々な権利上の問題やら何やらで国内盤の値段は高くなってます。


輸入盤よりも国内盤買ってもらいたいがために、日本先行発売を行い、本場アメリカやイギリスよりも1週間くらい早めに日本限定で日本国内盤CDアルバムを先行発売することもたまにありますよ。

それと、CDなどの音楽ソフトに限らず、基本的に日本は映画館の料金とか、外国に比べたら何もかも高いっていうのも理由でしょう。



洋楽通が国内盤CDに文句をいう理由!

洋楽通は、輸入盤のオリジナリティを尊重しているため、日本のレコード会社が手を加えた国内盤CDを貶すことがよくあります。

映画に例えるなら、ハリウッドのSF超大作が日本で放映される際に、日本の映画配給会社が勝手にCG加わえたり、音声合成したり、勝手に手を加えて放映してしまい、映画ファンが何やってんだよ!って文句言うような感じです。(下手な例えでごめんなさい(>_<)、それと、この例えはフィクションです、実際ににこんな放映しないです)

輸入盤CDの話に戻しますが、要するに、CDアルバムも映画のように一つ作品なのです。
特に、アメリカは日本のようにシングル先行発売ではなく、アルバム先行発売なので、アルバムの1曲目から最後の曲まで、さらにいえば、CDジャケットなど全て含めて一つの作品として聴いてほしいというアーティストやプロデューサーのこだわりがあります。

それなのにボーナストラック付けたり、日本だけジャケットの色変えたり、日本語の歌詞カードで誤訳したりと、コアなファンの方は文句をいってしまいたくなるのです!
(もちろん、ボーナストラック付けたりはジャケット変更したりは、アーティスト本人に承諾もらってやってるのだろうけど・・・。)

でも、輸入盤より国内盤の方が内容が良かったりする場合もふつうにありますよ。








国内盤CDのススメ!

いろいろ書きましたが、洋楽にあまり詳しくないという方は、国内盤がおすすめです!
特に、ベストアルバムなどの国内盤はライナーノーツに、各曲の順位など詳しく解説しているモノもあり、これがあるのとないのとでは全然違います。

もしも、洋楽に詳しくない方が有名アーティストの輸入盤のベストアルバム買ったとして、そのCDを一通り聴いても、どの曲がヒット曲なのか評価が高いのか何なのか何も情報がわからない状況に陥るかもしれません。

要するに、その曲の知識、あるいはそのアーティストの知識があるのとないのとでは音楽を十分に楽しめないと思います。

そういう意味で、ライナーノーツなどがあった方が、より音楽を楽しめるはずです。


私もCDを買う場合、基本的には国内盤を買いたいと思っています。
それと、やっぱり自分の好きなアーティストのアルバムは、ライナーノーツになんと書かれてるか気になるから国内盤を買いたいんですよ(私だけですか?)。
しかし、値段とボーナス・トラック比較すると、輸入盤に手が伸びちゃったりします(笑)

あ、いい忘れてたけど、国内盤買ってやらないと、日本の景気が悪くなるし、多分(笑)



洋楽アルバムは買う時期の見極めが難しい!

表に書いてますが、洋楽アルバムはいつ買えばよいのか迷います。
日本のアーティストの場合だと、シングルいくつか発売してからアルバム発売なので、基本的にDVD付CDアルバムか、CDのみのアルバムか選ぶだけです.

しかし、洋楽はアルバム発売してから、シングルカットして、それからミュージック・ビデオを制作します。
複数シングルカットして、ある程度ミュージック・ビデオが完成したら、DVD付CDアルバム、つまりデラックス盤なんかを発売してきたりします。

また、アーティストが来日した時に合わせて、来日記念盤という名前のデラックス盤を発売することもあります。

新曲を収録した豪華盤なんかを後で発売することも・・・。

いわゆるリパッケージという手法で、あとから、より完璧なアルバムを発売してくる場合があります。

というわけで、買い時が難しい。
ちなみに、こういう売り方するアーティストはヒット曲連発する人気アーティストに多いです。



総括!

こうやって国内盤CDと輸入盤CDについていろいろ書くと、もう本当にどっち買えばいいのかわからなくなるし、悩む人もいるでしょう!

悩んだ時は、日本人なんだから、国内盤買えばいいと思います!

でも、歌詞カードって重要ですか?
国内盤を買う理由の1位は日本語歌詞があるからだと思います。
歌詞カードって日本人はすごく重視してるようですが、アメリカやイギリスはそうでもないんですよ。

というのも、日本はテレビでアーティストが歌うとき、100%歌詞が表示されますよね?
しかし、アメリカのテレビでアーティストが歌うとき歌詞なんか表示されませんよ。

日本はバラエティ番組などで芸能人が喋る時も、だいたいテロップ(字幕)が挿入されますよね?
しかし、アメリカはそうでもないです。

カラオケとか文化の違いかもしれませんが、日本はとにかく歌詞や字幕が大好き!
それが、日本人が歌詞カードに惹かれ国内盤CDを買ってしまう理由かもしれません!

でも、ネット社会の現在は歌詞カードは価値が無くなってきているのも事実です・・・。